レジャー・旅行記

特急「踊り子」と「スーパービュー踊り子」乗り比べ / 下田までグリーン車で

伊豆下田まで、初めての電車旅です♡

普段は助手席で大いびきのワタクシ。「海~!!」と電車の窓に張り付いて、ハシャげる可愛らしい一面があることに驚きました!

 

男性の皆さん、車より電車移動が絶対ラク!!隣で寝られてもイライラしませんよ 😆 

女性の皆さん、電車の方が気を遣わない!!ペットボトルのキャップとか開けて渡す必要ナシ 😆 

 

さて、往路は大御所の「185系・踊り子」、復路は大人気の「251系・スーパービュー踊り子」を、贅沢にもグリーン車で楽しんできました(*^-^*)

 

185系 踊り子

1981年10月にデビューした、185系です。なんともレトロな風貌。

今では、数少ない「旧国鉄型車両」の生き残りと言えるかもしれません。

 

最近では、初期の車両を中心に引退が始まっているようなので、鉄道にご興味のある方はお早めにお試しください 😉 

電車大好きな男の子たちが、本格的なカメラで、たくさんお写真を撮っていましたよ。

 

東京駅 から 伊豆急下田駅間の停車駅
東京駅 – (品川駅) – 横浜駅 – (小田原駅) – (湯河原駅) – 熱海駅 – (網代駅) – 伊東駅 – 伊豆高原駅 – 伊豆熱川駅 – 伊豆稲取駅 – 河津駅 – 伊豆急下田駅

 

カッコ付けは一部電車のみが停車するようですが、今回はフルコースでした。

土曜日のお昼間で、良い時間帯にも関わらず、貸し切りに近いくらいお客さんがいません!!

スーパービュー踊り子は、満席だったのに 😥

 

サービスの違いを知ると、、、まぁそうでしょうね。

マニアでなければ、新しい車両が好まれるでしょう 🙄 

 

久々に聞いた鉄道唱歌のメロディーに、心が弾みます。

185系の車両より若いのですが、惜しまれつつ引退した寝台特急「あけぼの」によく乗っていたのです。

このメロディーを聞くと、田舎を思い出す~ 😥 

 

さて、こちらのグリーン車、シートピッチは1160mmでゆったり。

広がらない小さ目のインアームテーブルと、フットレストがついています。

お席の真ん中にアームレストはありません。ゴロンと子どもを寝せるには便利ですね 😉 

網棚の高さもしっかりとあるので、キャリーケースなども置くことができますよ。

 

ドアの上には額縁に入った絵画もかけられていて、ラグジュアリー感を出しています。

因みにドアのセンサーは、主流の赤外線タイプではなく、足元のマットを踏むタイプ。

最近の電車ではめっきり見なくなったので、試してみたい方はお早めに 😎 

 

東京駅出発といったら、大丸東京の地下でミート矢澤のハンバーグ弁当♡

五反田の店舗でいただいても美味しいのですが、こちらのお弁当も注文してから焼くので、肉汁ジュワ~で美味しいです!

待ち時間、15分くらいかかります。乗り遅れた理由が、ハンバーグを待ってたから・・・なんてことになりませんように 🙄 

 

「誰かが美味しいのを食べてる」というイメージを与える、良い香り♡

でも、○ックのハンバーガーや、○51の肉まんのようなテロにはならないので、ご安心ください(*^-^*)

 

うみ~♡

お天気が悪いので、冬の日本海みたい~

 

今宵のお宿は、別記事「弓ヶ浜温泉「季一遊(ときいちゆう)」滞在記 / 南伊豆」をどうぞ☆

メゾネットタイプのお部屋や、露天風呂付のお部屋などたくさんのプランがありました。

貸し切り露天風呂も3種類もあるので、グループや家族連れにもピッタリですよ(*^-^*)

251系 スーパービュー踊り子

帰路は、緑色の「スーパービュー踊り子」。

電車のドア前でお姉さんがチケットをチェックしています!

ご丁寧にご案内いただきました。飛行機みたい!!

 

景色の最高なグリーン車の、2階席です♡

2-1の並びで、シートピッチも座席も広々としていました。

シートピッチは、なんと普通に座ってベビーカーを畳まずにスポッと入れられるほど広々しています!!

 

往路の懐かしの車両と比べると、窓が大きいです。その分、残念ながら網棚がなくなっていました。

荷物の多い方は、足元に収納していましたよ。

頭をガッツリぶつける方が、ワタクシの他にもチラホラ。サイドの天井が低めなのです 😥 

 

インアームテーブルは、真ん中からもう一段階広げることができるタイプです。

しっかりとふくらはぎから休ませることができるレッグレストは手動で、角度は調整不可。

足をピンと伸ばしても、前の座席をキックできないんですよ~ 😯 

 

座席の間には、広めのアームレストがついているので、ラブラブカップルさんにはお邪魔かも♡

ちょっと怪しいカップルがお手々をイチャイチャしているのを発見し、アームレスト最高!と思ってしまった意地悪なワタクシ 😎 

 

乗車すると、ほどなく担当者が座席にやってきて、おしぼりを配りながら希望の飲み物をいただけるアテンドサービスがあります。

コーヒー、紅茶、緑茶、オレジュース、そしてウーロン茶は無料ですよ。

飛行機のビジネスクラスのサービスに似ていて、リッチな気分を味わうことができます(*^-^*)

 

日曜日お昼過ぎの下田からの帰り道。

満席なので、お写真少な目でごめんなさい。。

 

特急料金は、東京~伊豆急下田間片道で、自由席が1,750円、普通車が2,370円、グリーン車が4,320円(2018年10月現在)。

これにプラス、乗車券が3,890円です。

手の届く金額で、ビジネスクラスのようなラグジュアリーな旅行をすることができます(*^-^*)

1号車1階には、グリーン車の専用ラウンジもあり、周りを気にせず歓談を楽しむことができるんですよ。

 

さて、車内販売といえば、スジャータのアイスクリーム。

リンゴ味はよく見かけますが、とちおとめは初めてです♡

 

カッチカチのこのアイス、、

2~3日前にYahoo!のトップニュースで子どもを30分静かにさせる裏技で出ていました 😆 

食べ頃の柔らかさになるまで、お利口さんにして待っていられるのですね♡

 

昔のワタクシなら、無理やりスプーンを差し込んで折れる&やっと削れたアイスがどっかに飛んでいくで、お利口さんに待てませんでしたよ~。

今は、アツアツのコーヒーもいただいて、バニラアイスにコーヒーをかけて、溶かしながらスグに食べます!

せっかちじゃないですよ、アフォガードが好きなんです! 😆

30分も待てるお子ちゃま、尊敬。 

 

😎 耳より情報8-) 

スーパービュー踊り子号には、なんとキッズルーム(こども室)と、授乳やおむつ替えに便利な、個室になるベビールームがあります。

 

カラフルなソファに囲まれたキッズスペースは、10号車の1階部分にあります。

騒いでも安心なのに、嬉しい無料♡

更に、10号車の2階部分は展望席なので、10号車はお子ちゃま天国ですね(*^-^*)

 

グリーン車に乗っていた小さいお子さん連れの家族も、結局1号車のサロンで過ごしていたようです。

親も、子どもも、周囲の人も、みんなが快適に過ごせる電車でした☆彡

 

スーパービュー踊り子号のホームページ

関連記事

  1. レジャー・旅行記

    快適に入間航空祭でブルーインパルスを観る方法♡

    例年、11月3日(祝)に行われる「入間航空祭」♡毎年いろいろな改善…

  2. グルメ

    チャイナタウンのオススメスポット / シンガポール観光

    目次チャイナタウンのオススメスポット・パゴタス…

  3. レジャー・旅行記

    ちょっぴり残念!曇天の入間航空祭

    毎年10月3日の文化の日には、埼玉県の入間で航空祭を見ることができます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. エアライン

    アラスカ航空のマイル購入方法 / アラスカ航空でお得にJAL便を予約しよう!
  2. ハムスター

    【ランランのプレミアライフ】ジャンガリアンハムスターをお迎えしました♡
  3. SPGアメックス

    ウェスティン シンガポール 滞在記
  4. フランス

    【エコノミーには乗らない!格安世界一周旅行】~⑧ユーロスターでフランス入国~
  5. レジャー・旅行記

    【大曲の花火】毎年進化する、快適な花火鑑賞の裏技紹介
PAGE TOP